夜遊びを終えて独身貴族卒業しようとした!

後勘違いされることが多いんですが、 独身貴族はやりたくてやってるんであって脱出したいという考えは今一つなかった。

 

というのも多くの既婚者がお小遣い制となり自分の好きなものを返す自分の好きな食べ物を食べられず何か不自由になったような気がする話しか聞かなかったからです。

結婚という契約に縛られて平民に成り下がって何が楽しいんだろう私はそう思っていた。

 

しかし私の親友であるとトニーさえもこういった奴隷契約を結び結婚してしまった。

トニーとはいつも仲良く遊んでいたその鳥がいなくなってしまったら私の独身貴族も満喫できなくなったということである。

 

独身は独身と仲良くなれるしかしその独身がいなくなってしまったのだからもう既に私は孤立ししてしまったのだ!

仕方ない私もついに貴族という階級に甘んじることなく避妊に成り下がるかと決意を固め結婚相談所へと足を運んだ。

 

私は平均年収をもらってきたのでまあ女優で可愛い子と結婚できるだろうと先あいあいと買った物の紹介された出てきたプロフィールはどれも私の好みの女性ではなかった。

 

すいませんもっと可愛い子いませんかと尋ねると

 

すいません練習がちょっと分からないんですよね皆さんもこのクラスで我慢されているのでここから是非お選びくださいとストレートみるとまあこんな感じと言われてしまった。

 

どうやら私のステイタスではこの ラインの女性としか結婚できないらしい。

 

相手ドラミちゃんなですが、、、、

 

ものは試しへと女性と会ってみることにした。

しかしながら、女性はふっくらしております私の好みである細身ではなかった。

あれ写真詐欺じゃねぇ??

そんな風に思った話もテンションが上がらず終始盛り上がらなかった。

 

よし、お断りのメールでもするか

 

と思ったところ相手から

 

ごめんなさい

 

ときた独身貴族とてもショックだった。

あれくらいのクラスの女性でも私は振られるのか貴族なのに貴族なのに貴族なのに。

ひどく落胆した私。

まだ結婚できないのかもしれない。

 

いや結婚したくなってきた。

でも、相手がいない。

相手を探すにはどうしたらいいんだ?

こんなゴミクズみたいな結婚相談所では私の求める異性を見つけることはできない。

と悟った。

結婚相談所ではない私は恋愛結婚がしたい。

ので、そこで色々ネットで調べてみることにした。

そうするとネットでの出会いというのが存在した。

ネットでの出会いならば私にもワンちゃんがある。

ここから独身貴族を卒業し平民へと変わる決意をしたのでした!!

貴族にも悩みはあるもものだぜ!!